レビトラ 副作用

レビトラには副作用は?メリットとデメリットを検証

レビトラの副作用はあるのか?

 

男性機能(勃起力増強)を高める特効薬としてレビトラはバイアグラ以来の大ヒットをしていますが、

 

その効能は、ペニスの血管の拡張作用や、勃起をさえさせるPDE-5という酵素の働きをストップさせる良い効果が知られていますが、

 

いくら副作用が少なく安心だと言われているレビトラも薬ですので、 当然副作用は存在します

 

レビトラの代表的な副作用

 

レビトラ服用時で最も多く副作用を感じたと報告される症状が、頭痛とのぼせです。

 

そのほかには、胃がもたれたり、立ちくらみや目眩、鼻水鼻詰まりなど風邪ににた症状がでる場合が稀に報告されています。

 

またレビトラを服用する際には、水で飲んでください。たとえば柑橘系のジュース(グレープジュースはみかんジュース))でレビトラを服用すると、成分は急激に体内に吸収され有効成分の血中濃度が上がりすぎる事がありますので、注意して下さい。

 

レビトラは基本的に副作用も少なく体質に関係なく、ほぼ全員に勃起力増加効果が体感できる薬として人気です。

 

ここでレビトラを調べている人は、基本的に病院で処方を貰って購入する手間と経費をカットする人がほとんどだと思います。

 

正しい飲み方をしていても少しでも副作用かも?と思ったら一旦服用を止めて医師の相談することをオススメします。